currysenpaisukisuki’s diary

カレー好き好きSSK

ロード、サイクリング、その他趣味のブログ。

水戸よりも遠い場所(大洗初日・ころが~る感想)

 「大洗にあんこう鍋食べに行きましょう」

 

 年明けにそんな誘いを友人から受けました。大洗といえばガールズ&パンツァーが有名ですが、あんこう鍋も有名です。というかガルパン作中にも出てきます。

 そのあんこう鍋は基本的に冬の名物。3月いっぱいで大洗でも終わってしまいます。3月のどこかの土日、友人が宿も手配してくれるということで、その時は話が終わりました。

 

 その友人は2月の飲み会で会った時には「3月の土曜日、大洗に宿取れた」と言ってましたので、さすがイケメン仕事が手堅いぜと感心していたんです。しかし3月に入って一変。

 

 「ごめんwww宿取れたの月曜日だったwww日付勘違いしてたw」

 

 とかほざきやがってですね。平日ってマジか。

 しかしキャンセルして宿とりなおしとなると希望の宿が取れるか不明だし、値段が間違いなく変わります。

 個人的には風呂が大事なんですよ。大洗の旅館は内風呂無し、大浴場のみというのが珍しくありません。そして利用できる時間もかなり限られているところもあります。例えばガルパン作中で爆破される某旅館は、お風呂が交代制な感じで自由には入れません。誰かが入っていると入れないのですが、いつ風呂が空くのかわかりません。自由に入りたい派の僕には厳しかったりします。

 

 そんなわけでスケジュール調整。月曜日の午前中仕事して、そこから大洗へ向かいました。友人も折り畳みとロード2台持ち。今回は折り畳みをもっていくとのことで、僕もブロンプトン輪行することにしました。友人との観光サイクリングも楽しいですよね。

 今回はこっそり購入していたブロンプトン輪行バッグ「ころが~る」を投入。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328175638j:plain

 「ころが~る」はキャスター付き輪行袋。フロントバッグを装着したまま取り廻せるので、大変楽にコロコロと運べる優れもの。

 ・・・というふうに考えていた時期が僕にもありました。その辺は後で書きたいと思います。

 まあ、トータルで15㎏近い荷物を持つよりは楽に運べることは間違いありません。

 

 平日昼間の電車は空いているため、輪行も邪魔にならないだろうと考えながらホームの先頭車両付近へ移動。そして電車に乗って驚きました。ロードを輪行している方がいるではないですかw ベストポジションと思われるスペースがすでに占有されていました。

 正直他に輪行している方がいることを全く考えていなかったので、スペースをどうするかフリーズ。今から最後尾車両に移動するのはきついです。会釈して、迷惑にならないだろうとロードの横に置かせてもらいました。ついでにせっかくなので少しばかりロードの方と世間話。御殿場方面から帰宅中とのことでした。

 品川駅で特急に乗り換えのためロードの方とお別れ。しかし複数人輪行している方がいたらどうするか考えておかないといけないですねぇ・・・

 

 品川から特急ひたちに乗り、水戸へ。

 大洗へは水戸から鹿島臨海鉄道に乗り換えることになりますが、1時間に2本しかありません。ついでに仕事してから向かったため、大洗サイクリングを楽しめるほどの時間もありません。先行した友人は楽しんでいたと思いますがw

 そんなわけで水戸で下車して輪行解除。水戸から大洗へはブロンプトンさんで向かうことにしました。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328182018j:plain

 ころが~るは取り扱いは手軽です。普通のロードで使う輪行袋は収納するとき畳み方一つで泥沼化しますが、その辺気にせずグイグイいけます。

 お正月にも水戸~大洗あたりは走っているので、道は分かります。南口から出て、51号に向かいます。51号は大型車が結構走っていますが、路肩が広いので比較的安心して走れます。たまにガラスの破片ぽいのがキラキラしている方が気になります。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328182226j:plain

 臨海鉄道の高架を眺めながら、ひたすら平坦を走る約10㎞くらいの旅。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328182550j:plain

  さくっと大洗に到着。

 先行している友人と合流して宿に向かいます。

 

 あとは宿であんこう鍋を食べ実績解除の流れだったのですが、夕食に出てきたのは別メニュー。どうも別プランで予約していた様子。驚きのあんこう鍋無し。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328183254j:plain

 (・・・確か宿であんこう鍋食べるって話だったよね・・・?)

 

 友人は「あれ、あんこう鍋ないですねw」とか笑ってました。

 ・・・宿の日程といい、宿泊プランといい何が彼にあったのか。酔っぱらいに仕事を任せてはいけませんね(^q^)

 あんこう鍋は次の日に組み込むということにして、この日は部屋でお酒飲みながらガルパン最終章を観て就寝w

 

 

 さて輪行袋「ころがーる」ですが、良い点も悪い点もそれなりに。

 良い点:良く転がる、収納楽、持ち運び圧倒的楽

 悪い点:重い、デカい

     重心がずれると底が擦れる・転がりにくくなる。

     ペダリングで当たる可能性

     足の長さ次第でサドルにつけられないかも?

 

 良い点は言うわでもなく。友人もうらやましいというほど楽です。

 悪い点の重い、デカいは買う前から分かっていたことです。手に持つとズシリと来ますが、シートポストにぶら下げて使う分には許容できる範囲内と言えなくもないです。しかしこれを使うときは宿泊前提とした輪行で、荷物は増えがち。少しでも軽くしたいことを考えると微妙にデメリットになるかもしれません。

 一番問題だと感じたのは底が擦れることです。

 「ころがーる」の底は中折れ式で、収納するBromptonの重さと重心バランスで底を支える感じなります。しかしちょっとした段差などで簡単にバランスが崩れて、底が擦り始めます。

f:id:currysenpaisukisuki:20180328190047j:plain

 こんな感じで、底がまっすぐになってくれなくなるんですね。結構きつめに固定してもしばらくするとズレちゃうというか。今回だけでこのような状態に。底がまっすぐになる工夫が必要です。ちなみに重心をちょいちょいいじってたせいか、帰宅して袋を開けたらリアライトが壊れてました(^q^)

 ペダリングの時に当たるのは、ある程度妥協が必要ですかねぇ。どんなに固定したつもりになっても揺れますし、足が長いと大丈夫なのかな。

 

 「ころが~る」購入の際に参考になれば幸いです。