currysenpaisukisuki’s diary

カレー好き好きSSK

ロード、サイクリング、その他趣味のブログ。

Bromptonの装備

 僕のBromptonは所謂Mハンドルのタイプです。

 あんまり深く考えてなかったんですけど、Mハンドルだとアクセサリーの装着に使える部分がかなり少ないんですね。

 インターネットのミニベロ専門ページみたいなところを参考に、ハンドルにマジックテープで引っかける感じのフロントバッグやドリンクホルダーを買ってみたんですが、それ両方付けちゃうともうライトの装着すら難しくなります。

 

 Bromptonのハンドルは、そういう意味で余裕が少ないということを理解しました。ハンドルにつける装備は少数精鋭、選抜する必要があります。

 ロードみたいにライト二つにサイコン付けて~みたいな気分ではやっていけません。

 

 そうなるとフロントバッグはやはり純正系が魅力的になってきます。ハンドルに頼らず、ガチャっとフロントに装備できますからね。実は付属でついてきたフロントバッグがあるんですが、これがデカい、デカすぎて普段使う気になれません。旅行に行くときに使うかもしれないレベル。

 追加で小さめの純正フロントバッグを追加で買うかどうかですが、こういうことを言っちゃうと粋ではないと思いますが純正系のフロントバッグって高いんですよねw

 純正系は1万~2万は当たり前って感じです。もっと高いものもあります。

 純正ではない、ハンドルに引っ掛けるのは2~3千円からあります。

 しかしハンドルは狭い。

 フロントバッグを使用する頻度は不明。

 ハンドルは狭い。

 

 ぐぬぬ・・・と悩んだ挙句、

 

 

f:id:currysenpaisukisuki:20180224205727j:plain

 ブロンプトンのコットントートーバッグを購入。1万2千円(^q^)

 レインカバーもついてきてお得デスネ。

 

 

 

 さてお次はライト。

 ハンドルではなくフロントの泥除けの上、センターに装着できるライトが出てるだろうと簡単に考えていたのですが、結果的には自転車屋さんに大変手間をかけさせてしまいました。

 インターネットでちらっと見た感じでは、キャットアイブロンプトン専用のブラケットとVOLT300のセットを販売している様子。あと大変おしゃれな弾丸型ライトを売っているメーカーもありました。 

 行きつけの自転車屋さんにそういう話をしたら、

 

 「キャットアイのはVOLT300と合わせて生産終了しています」

 「某メーカーの弾丸型ライトは暗いです。実用性は皆無」

 

 返ってきたのは残念過ぎる事実。

 キャットアイはVOLT400でもう一度作るのかどうかも未定とのことでした。

 

 ぐぬぬ・・・と悩んでいたら、自転車屋さんから天使のような提案。

 キャットアイの750円のセンターブラケットを流用して、装着できるようにしますよ。無いなら作りましょう」

 マジか。あなたが神か。

 店員さんが若い巨乳美女だったら抱かれてもいいくらいおっさん感激です。

 

 そんなわけで作ってもらいました。

f:id:currysenpaisukisuki:20180224211817j:plain

 純正センターブラケットを見てもらえれば分かりますが、金属パーツ追加でブラケットを延長しています。

f:id:currysenpaisukisuki:20180224211913j:plain

 ノーマルのままだと短くて、ライトを装着するといろいろ干渉してしまうとのことでした。

 もちろん折り畳みに支障なく、購入したトートーバッグとも干渉なし。

f:id:currysenpaisukisuki:20180224212058j:plain

 ありがとう自転車屋さん。また何か買わせていただきます。

 

 これでハンドル回りに余裕が出てきました。

 

 

 ほかに追加したのがキックスタンドです。Bromptonは後輪だけ畳んで、お座り姿勢にすることでスタンドいらずではあるんですが。

 やっぱスタンドあると便利です。日頃スタンドのないロードばっかり乗っていたせいもあって、この手軽さは久しぶり。立てかけるところを探す必要がないですからね。

 自転車屋さんにスタンド付けてほしいと相談したところ、ミノウラのやつと子供用自転車のスタンドがつけられるという返事でした。

 スタンドは子供用の方がしっかり止められるがミノウラの方がかっこいいということでしたので、ミノウラのスタンドでオーダー。

 もともとミノウラのBD1用のスタンドらしいです。普通に装着してしまうとBromptonだとスタンドを跳ね上げた時にホイールに当たってしまうのですが、

f:id:currysenpaisukisuki:20180224213256j:plain

 シンプルにスタンドの根本にゴムを巻いて太くすることにより解決。装着してくれました。さすが自転車屋さんはいろいろご存知。

f:id:currysenpaisukisuki:20180224213454j:plain

 もちろん折り畳んでも問題なしです。

 

 これでぐっと使いやすくなってきました。